慣れないバス移動と優しい地域のみなさま

【慣れないバス移動と優しい地域のみなさま】

 

こんにちは♪ スタッフIです。

 

今、横浜市の地域に営業に回らせていただいています。

 

私は普段の生活で、移動手段は主に電車。だから、バスでの移動は慣れません。

 

何系統のバスに乗ればいいの…?

バス停ってどこにあるの…?

おんなじ名前のバス停がいくつもあるけど…どれなの??

 

戸惑いの連続です(笑)

 

 

今日も営業先から、最寄りの根岸駅までバスに乗ろうとしました。

 

スマホで調べて、やっとバス停の場所を見つけました!

けれど…

根岸駅行きのバスがありません。

 

「なんだ、反対車線側のバス停じゃない♪」(方向音痴なのがバレました…?)

 

横断歩道を渡ったらタイミングよくバスがきました♪

 

が…、

運転手さんに「根岸駅行きますか?」と聞くと、「行かない」と。

後ろにバスに乗る方が並んでいたので、すぐにバスを降りて歩き始めました。

 

すると…

なんとバスの運転手さんがすれ違い様にマイクで

「根岸駅行きは、ここ渡った向こう側です~!」とアナウンスしてくれたんです!

 

“なんて優しいんでしょう…(涙)”

 

 

そして思い込みとは強力なものです。

 

「やっぱりさっきのバス停でいいんじゃない♪」と道路を渡り反対車線のバス停に戻る私。

さっき、さんざん「このバス停には根岸駅行きがない」と確認してましたよね?私。(笑)

 

当然、根岸行きバスは来るはずがありません。

 

 

「もう、根岸駅には戻れないんだろうか…(涙)」

 

絶望的になっていたところ、ふと横を見ると

ベンチに70歳代くらいのおばあちゃま…いや、お姉さまが座っていました。

 

ためらわず、

「根岸駅に行くバスが分からなくなっちゃって…(涙)」

と泣きつくように尋ねると、

 

「あぁ、ここじゃなくてね。そこ、信号渡ったところ。看板があるじゃない?

そこんところを右にちょっと曲がると、もひとつバス停があるのよ。

そっから根岸駅行きが出てるわよ。」

 

お姉さまは、それはそれは優しい笑顔と優しい声で、丁寧に教えてくれました。

 

“なんて優しいんでしょう…(涙)”

 

 

実は、横断歩道を渡ったところから脇道が出ていて

そこに、隠れるようにもうひとつバス停があったのです!

(確かに、横断歩道渡ったちょうど向かい側…。)

 

そうこうして、

根岸のみなさまの優しさに支えられながら、無事に根岸駅に帰り着くことができました。

 

根岸地域のみなさま、ありがとうございました♪

 

バスでの移動にも少しずつ慣れていきます‼

関連記事

  1. 手あれ

  2. コロナのおかげ?

  3. シルバーウィーク

  4. 憧れの看護師さんの話

  5. ノートルダムの鐘🔔

  6. 旅行の想い出

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。