免疫力に必要なもの

【そもそも免疫ってなあに?】

今日は免疫力のお話です。

免疫力とよくききますが、そもそも免疫って?と思うことありますよね

免疫とは細菌やウィルス等の病原体から体を守る仕組みのことです✨

免疫の仕組みは

①ブロックする・・皮膚や粘膜は物理的なバリアとなって病原体の侵入をブロック✨

➁食べる・・体内に侵入してきた病原体に、最初に反応するのが「食べる」という自然免疫。ここでは活躍するのがマクロファージや好中球と言われる免疫細胞✨✨

③抗体をつくる・・「食べる」攻撃を逃れた病原体に対応するのが獲得免疫でT細胞やB細胞がその主役です。これらは病原体を認識しその種類を特定して「抗体を産生する」ことで免疫力を発揮切✨✨✨

④壊す・・最後は病原体に感染した細胞を見つけ出し「壊す」方法。ウィルスや細菌は体の細胞に入り込みそこを拠点に増殖・複製して感染を広げるため感染した細胞ごと破壊して感染の拡大を防ぐことが必要💪

です。

免疫を下げるライフスタイルは、

・バランスの悪い食事

・睡眠不足

・運動不足・激しい運動

・ストレス

・喫煙

・過度な飲酒

・老化

・冷え( ;∀;)

などです。

これらはすべて活性酸素を過剰に発生させる要因になります。そして活性酸素は、免疫細胞にダメージを与えます。

活性酸素は、適量であれば私たちを守ってくれる働きがあるのですが増えすぎてしまうと細胞を傷つけ、ダメージを与えるのです。

免疫力UPのためには『野菜・くだもの・タンパク質・プロバイオティクス』が有効です。

◎野菜や果物・・活性酸素を吸収する力や活性酸素による炎症を抑えてくれる力があります。また、ビタミンやミネラルが含まれているため皮膚や粘膜の健康を維持する働きもしてくれます。

また、皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあります。

◎タンパク質・・「免疫細胞や抗体をつくる」材料です。タンパク質は体をつく津基盤となる栄養素で細胞の材料ともなります。60兆個ともいわれる体を構成する細胞の中には免疫細胞も含まれます。タンパク質はこの免疫細胞をつくる材料にもなります。また、病原体が体内に入ってきたときに戦ってくれる抗体をつくる材料にもなります。タンパク質は免疫力をサポートしています。

◎プロバイオティクス・・免疫細胞活性化のサポート役。プロバイオティクスは、免疫細胞が戦闘モードに入れるように指令を出す腸を整え免疫細胞を活性化させる働きをしてます。免疫細胞が活性化されることによって、腸で大量の抗体をつくることができるので病原体と戦う体制ができるのです。プロバイオティクスは、免疫活性をサポートします。

免疫力はいろいろな栄養素に支えられているのですね💡

日に日に寒くなってきています。

空気も乾燥し感染症も流行してくる時期です。

感染症のことを毎日考えていては、生活もしにくくなるかとは思います。

頭の片隅にでもいいので、免疫力のお話覚えててくださいね♡

 

 

 

関連記事

  1. 子育てと介護が同時に起こってしまったら

  2. 漢方について

  3. 「邪」の話

  4. 貧血と言われたら  ~栄養素Fe 鉄~

  5. 熱中症予防には

  6. 産後のサポートを考える その④

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。