会社イメージプロモーションビデオ撮影

【訪問看護でできること 産後うつを防ぎたい】
緊急事態宣言がでました。
去年緊急事態宣言が出たあとから
産後うつとなる方は女性だけでなく男性も増えています。
女性の去年の自殺比は
前年比と比べ80%も上昇
感染予防のため
付き添い禁止 面会禁止
心細く 不安な状態で
1人で産まざるを得ない状況が現実問題としてあります
人は触れ合うことで
幸せホルモン『オキシトシン』が分泌され
触れ合うことで『愛着』が形成され
自分だけでなく他人を思いやる 慈む気持ち
自己肯定感が育まれます
感染予防といえど
感染予防により
大事な大事な事が
失われているのも事実です。
産後うつの状態は
自分で気づきにくく
SOSをだしにくい
ホルモンバランスと栄養状態も大きく影響してますが
病院を受診しにくい
病院に入院しにくい
今だからこそ
地域に根ざすサービス
『訪問看護』の存在が大切だと思います。
産後は皆辛い
辛いのが普通
そんな周りの声に自分を当てはめないで欲しいです
自分が辛かったら辛いでいい
その気持ちを見ないふりしないで
頑張りすぎないで
女性は妊娠・出産・子育てでどんな経験をしたかにより
その後の人生に大きく影響を及ぼすとも言われてます
まわりに
『涙が止まらない』
『イライラが止まらない』
『こんなに頑張っているのに子育て辛い』
こんな方がいたら
そっと
訪問看護でサポートできるよって伝えてあげてください
1人でも多くのサポートが必要な方にこの情報が届きますように。

 

関連記事

  1. 台湾の産後ケア

  2. よくある質問「卵は1日何個まで?」

  3. 産後のサポートを考える その③

  4. 緊急避妊って?

  5. 子育てと介護が同時に起こってしまったら

  6. 免疫力に必要なもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。