嫌いな食べもの

好きな食べ物の話をスタッフのRさんがブログで書いていましたね

スタッフのYです☺

私は嫌いな食べ物の話でもしようと思います

 

嫌いな食べ物で大人になってから

食べられるようになったものが2つあります

それはピーマン刺身です

ピーマンは苦味で刺身は食わず嫌いで食べられませんでした

 

酸味や苦味は腐敗物や毒物を見抜くシグナルとなるので

経験によって好んでいくようになるらしいです

また、味を感じるセンサーである味蕾は20歳ごろにピークに達してその後減少していきます

ピーマンが食べられるようになったのは

色々な物を食べてきた経験と私の味蕾が減少したからですかね

 

大人になっても嫌いな食べ物も2つあります

玉ねぎ納豆です・・・

玉ねぎは料理に入っていることが多いので曲者です💦

昔は料理に入っている玉ねぎを1個1個よけていました

今は出てきたら食べますが極力食べたくないです

納豆は臭いと粘りがダメです

近くで人が食べているのをみるのも嫌だったりします

小学生の給食以来

他の家族はどちらも食べられるので

同じ食習慣で生活してきたのに不思議だなと思っています💦

関連記事

  1. 私が思う訪問看護の楽しみ

  2. ベビーマッサージを続けた結果…!

  3. 春を探しに箱根ドライブ

  4. 手あれ

  5. 農家さん直送

  6. シンカマス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。