百人一首②

百人一首の話をスタッフのRさんがしていましたね

百人一首といえば

中学生の時に年始に「百人一首大会」がありました

そして大会のあとに皆でお汁粉を食べるのが恒例でした

毎年、お汁粉を楽しみにしていました😊

皆さんのところにも百人一首大会あったりしましたか?

 

国語の定期テストにも出てきていたので必死に覚えていました

流石に全部を覚えるのは無理だったので

覚えやすいのだけ覚えていました

 

私が今でも覚えているのは

 

春すぎて夏来にけらし白妙の

衣ほすてふ天の香久山

 

千早ぶる神代もきかず龍田川

からくれなゐに水くくるとは

ですかね

今でも案外思い出せるものですね✨

 

覚えていた当時は

どういう意味を持って読まれたとかは気にしていませんでした

今解説を読んでみるとそういう意味だったのか!!となります

改めて意味を学んでみるといい勉強になりそうだなと思ったスタッフYでした☺

 

関連記事

  1. 訪問看護師独り立ちしました

  2. 独り占めは、ひとりぼっち

  3. おすすめインナーのお話

  4. ブログネタ探し

  5. 暮らしの哲学3

  6. 自転車の話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。