上の子のいる出産の話①

【上の子のいる出産の話】

 

初めまして助産師のMです☺

普段は開業助産師として自宅出産をはじめ

妊娠中~産後ママの健康管理 母乳育児の相談

そしてこどもたちへの性教育(いのちの授業)などを

しています✨

経験を活かして、訪問看護が必要な

ママたちのサポーターになりたいなと思っています

 

今日はブログデビューです。

よろしくお願いします☺

 

本日は、上の子と出産についてのお話です。

 

いろんなお家で、新しい家族に進化していく姿を

見させていただいております。

山あり谷あり、平地もありです。

 

きょうだいが生まれ、新しい家族の形に慣れるのに

2か月くらいかかることが多いようです(M調べ)。

 

「上の子への対応に追われ、赤ちゃんのことは後回し、

ちゃんとかまってあげられていない」

「上の子を叱ったり、我慢させる場面が増えた。」

という罪悪感混じりのママの声をよく聞きます。

 

ママのせいではありません。

そして、意外と大丈夫です☺

ママが赤ちゃんのことをかまえていないと思っても、

お兄ちゃんやお姉ちゃんがかまってくれています。

 

直接遊んであげてるようにみえなくても、

声を聴き、姿を見てだけでいるだけで、

赤ちゃんはたくさんの刺激をもらっています。

また、後回しは時に、赤ちゃんにとっては

自由時間を味わっているとも言えます。

 

赤ちゃんにとっては、ママのおなかの中から

聞き慣れている声で

慣れ親しんだ光景?(見えていないけど)です。

やきもちが出てくるのは

もう少し先のお話ですので

赤ちゃんに「悪いな」と思う必要は

全くありません。

 

初ブログはココで終了。

いかがでしたか?

次回はこの続きのお話をしますね☺

 

関連記事

  1. 自宅療養中の方に人気の「訪問栄養食事指導」とは?

  2. よくある質問「卵は1日何個まで?」

  3. 補完食(離乳食)とは?

  4. 母乳で育てたい

  5. 産後のサポートを考える その④

  6. 「産後うつ」かも?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。