コロナと鬱

【コロナと鬱】

こんにちは。助産師Mです☺

少し前に「コロナのおかげ?」の話を書きましたが、今日は真逆の話です。

コロナの影響で、産後うつが増えているというニュース、耳にされた方もいらっしゃる
かもしれません。コロナ以前の倍、4人に1人、といわれています。
〇全国3000名以上のママプレママを調査
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000089.000031718.html
〇NHK WEB特集
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201016/k10012665491000.html


産後訪問でお目にかかるママ達からも、孤独や不安感を感じているというお話をうかが
います。

「出産の入院中、ほぼ赤ちゃんとふたりきり。人と話すことが本当に少なく、だんだん
寂しくなって、不安になったり、涙が出たりした。」「産後の手伝いに来てもらう予定
が叶わなくなって身体を休める間もない。」「感染がこわくて外出できない。」「とに
かく誰かと会話がしたい。」等々。

今年の春の、季節の移り替わりは目まぐるしささえ感じております。

が、コロナ禍は、まだまだ終息がみえないのが現状です。

妊娠中や産後の不安や不調を、どこに相談していいかわからない時。母子手帳をくれた
行政の窓口、出産した医療施設、訪問看護ステーション、地域の助産師などに、話して
みて下さい。そこから一緒に考えてくれる人につながっていけると思います。

でも、精神的に落ちているときは、そんな行動に出ることも難しいかもしれません。

「自分が至らないから」と、自分を責め、頑張りすぎていることに気づかない人もいらっしゃいま
す。力になろうとしている人の声かけを、敵のように感じてしまう場合もあります。
もしご家族が、ちょっと様子がいつもと違うな、変だなと気づいたら、本人以外が連絡
して下さっても大丈夫です。

「産後にはよくあること」ですが、様子をみて大丈夫なのか・・?

まずプロに相談してみて下さい。

関連記事

  1. 生理用品の貧困問題

  2. 栄養素 Zn亜鉛

  3. 自宅療養中の方に人気の「訪問栄養食事指導」とは?

  4. 災害対策その2

  5. 生理の話

  6. 眠い 眠い 眠すぎる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。