自宅療養中の方に人気の「訪問栄養食事指導」とは?

【訪問栄養食事指導を知っていますか?】

こんにちは☺

 

スタッフTです✨

 

今日は

 

『訪問管理食事指導』

 

についてのお話をします

 

『訪問栄養食事指導』とは?

 

看護師・助産師が自宅に来て健康管理をを行う訪問看護と同様に

 

「訪問栄養食事指導」というサービスがあり

 

管理栄養士が自宅まで来て食事面のサポートをしてくれます✨

 

この訪問栄養指導は

 

糖尿病、高血圧症、心臓病、腎臓病、がんなどで自宅療養中の方が対象となり

 

必要な場合に主治医が判断し、利用を開始することができます

 

【訪問栄養指導の利用の一例】

 

・脳卒中や神経難病などで摂食・嚥下(かむ・飲み込む機能)に障害がある方が、食事の内容を調整してもらう

 

・退院後、痩せてしまい、食欲が出ないため食べやすいレシピや献立を教えてもらう

 

・がんの治療中で思うように食事がとれないとき体調に合わせた食事を教えてもらう

 

在宅で療養を行っている患者さんひとりひとりの食事の状況に合わせ

 

管理栄養士が栄養管理を行っています☺

このようにケアマネージャーさんをはじめ

医師、看護師、他専門職との連携をとりながら

地域においてもチーム医療の提供を行っています✨

医療機関や事業所が違う専門職が

在宅で療養する患者さんとご家族を中心にチームを作りサービスを提供することで

 

在宅療養者のADL(日常生活動作)やQOL(生活の質)向上につながるなど

 

地域における多職種連携は不可欠となりつつあります!

 

 

関連記事

  1. ワクチン接種

  2. 栄養素 Zn亜鉛

  3. 補完食(離乳食)とは?

  4. 生理の話

  5. 多胎育児にも訪問看護

  6. コロナと鬱

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。