生理用品の貧困問題

【生理用品難民問題】

生理用品が買えない・・

こんな問題がいまあることをご存じでしょうか

生理用品が購入できるできないは今女性の性問題だけでなく

女性の貧困にも大きくかかわる問題となっています

理由の1つとしてはコロナにより収入の減少

生理用品が購入を控える方の中には

「生理用品を切り詰めれば生活費が浮くから」

と苦渋の決断をされているかたもいらっしゃいます

一部の自治体では生理用品を自治体が支給するなどの取り組みもされています

https://note.com/sakainatsumi/n/nd2b376052ff9?fbclid=IwAR2Jrd1Lgfg_XOpT4XFgtwJe1wimWJUTU7EROp0WVnPOtxBvdK0wlsW2Qaw

 

生理用品は経血量により使い分けをしますが

なんでもいいわけではありません

値段を決めるにはそれ相応の理由があります

現代女性は昔の女性と比べて生理の回数が多いのです

理由は少子化

昔は1家族当たり

3人姉弟 戦前は10人姉弟なども珍しくありませんでした

こどもを産むということは

生理が1年間

もしくは授乳をしていたら

1年半弱は生理がきません

晩婚化 高齢出産が増えることで

女性の生理の回数が昔よりも多くなっています

よく

「生理痛がひどいの。どうしたらいいの?」

 

「生理の出血量が増えてしまって。漏れが心配」

 

「更年期が近いのかPMSとかひどくて」

 

との相談に対し

 

皆さんにどんな生理用品を使用しているのか聞くと

 

皆さん市販品を使ってらっしゃいますびっくり

 

そんなときに、市販品ではダメなんですよあせる

 

とお話しします

 

私はいつも

 

『オーガニックナプキン』もしくは布ナプキンをお勧めしていますニコニコ

 

ナチュラムーン 生理用ナプキン 多い日の昼用(羽つき) 16個入
Amazon(アマゾン)
520〜3,880円

 

https://jp.iherb.com/pr/Natracare-Maxi-Pads-Regular-14-Pads/15626?gclid=CjwKCAjwqvyFBhB7EiwAER786YJ3PKou2GoPLnXETkxqDhxfE-QRAAjhM9AQoHTSPoRF9RiuG_23SxoC6zkQAvD_BwE&gclsrc=aw.ds

 

私は10代から20代半ばまではとにかく生理痛やPMS(イライラや気分の落ち込み、便秘など)がひどく出ていましたえーん
ロキソニンなどの鎮痛剤を8時間から6時間おきに飲んでいてそれでもつらくてホッカイロを使用してましたびっくり
低用量ピルも試しましたが、焦燥感や火照り感がありまたピル内服した場合3ヶ月に1回採血や尿検査もあり私は負担に感じていました。(私が使用していた10年ほど前の話です)

生理用品によって生理痛や経血量が変わるなんて嘘だ笑い泣き と疑っている方、1回試してみてくださいグッド!

 

市販の生理用ナプキンの主成分は高分子ポリマーという合成樹脂ですが、これは冷えピタと同じ素材です。

二の腕の約40倍の吸収率を誇る膣内に冷えピタ成分が入ったら、膣の冷えにつながりますよね。

膣が冷えている状態だと、血のめぐりが悪いので、生理の時にうまく膣壁がはがれず、脳ははがそうとするためにプロスタグランジンというホルモンを出して子宮を収縮させます。

このホルモンが問題、プロスタグランジンには発痛効果があるんです😢

 

生理用品によって生理をひどくしてる場合もあるってことですね💦

生理痛の緩和や経血の量、性状も変わるんです照れ

当たり前の市販品や、鎮痛剤に固執せず

 

あなたの身体にあったものをアップ

 

皆それぞれのONLY ONEドキドキ

 

買い物は投票ですおねがい

 

 

関連記事

  1. 栄養素 Zn亜鉛

  2. 便秘の話

  3. 骨盤は矯正できるのかしら?

  4. 生理の話 2

  5. 母乳で育てたい

  6. 氷をがりがり食べたくなる人 注意が必要です!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。