「邪」の話

【「邪」の話】

こんにちは

お久しぶりの投稿✨

東洋医学好きスタッフのRです☺

今日は「邪」の話

邪悪 邪道 邪魔 邪推 邪心

「邪」は よこしま とも読み

正しくない 心がねじけている という意味

じゃぁコレは?

「風邪」

かぜ? 正解!

でも今日の話では「ふうじゃ」と読みます

東洋医学では病気の原因のうち体の外側にあるものが

6種類あるとしています

いちばん多いのが「風邪」風がカラダに悪いものを

運んでくるという考え方でウイルスとか花粉症も

ある意味では「風邪」かも

そして「寒邪」

気温が低いこと 汗をかいて体が冷えた状態もコレ

夏の暑さは「暑邪」もっと熱いと「火邪」

夏の日照りや秋冬の乾燥は「燥邪」

関東もやっと梅雨入りしたので

これからの季節はジメジメの「湿邪」にご用心

風 寒 暑 火 燥 湿

寒いのが苦手とか毎年夏バテとか

それぞれ苦手な季節や環境があると思いますが

それは「邪」の成果もしれません

苦手な季節はムリをせず心と体をいたわることが大切です

「梅雨大好き!」「ずっと雨なら良いのに」

という人の方が少ないと思いますが

雨にぬれたり 湿気の多い環境に長くいることで

体調を崩してしまうのは「湿邪」のせいと考えていました

「湿邪」は消化機能とも深い関わりがあると言われています

体調がすぐれないときは消化に良さそうなものを食べ

寝る前には湯船につかり 体の中から「湿邪」を

追い出してくださいね

関連記事

  1. 妊娠中の体重コントロール

  2. 眠い 眠い 眠すぎる!

  3. 生理の話3

  4. 子育てと介護が同時に起こってしまったら

  5. お父さんの「産後うつ」

  6. 補完食(離乳食)とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。