クリスマスと瞑想

【クリスマスと瞑想】

こんにちは☺

スタッフKです♡

久しぶりのブログ登場です♬

過日買いものに出たら、とっても素敵なクリスマスツリーが飾られてました!

早いなぁと思ったのですが💦

もう12月なんですね(;´Д`)💦

ドイツではもともとゲルマン民族のお祭りで「ユール」というのがあり樫の木信仰がされてましたが

「キリスト教に改宗させねば」

と宣教師が樫の木を切り倒したところ、切り株の脇からもみの木が生えて来ました。

もみの木は横から見ると三角形に枝を伸ばすため

キリスト教の「三位一体」を表していると思った宣教師たちは神聖さを感じも

みの木がクリスマスに使用されるようになった・・・

という神話があります

実際は、キリスト教布教のため、土着の風習と融合していったお話しではないかと見られております

クリスマスには、キリスト教だけでなく、他の宗教、人々が感じて来た風習や想いを感じることができる・・・

と前向きにとらえることにした私です(;^ω^)

キリスト教は勉強してみるととても興味深く

 

それまで表面的にしか

それも現代の価値観で解釈してしまうと理不尽で共感できにくい話に感じれてしまった話も

「なるほどな」「さすがだな」と感じることが多くなりました

それが仕事に生かされてるなと感じるうちの一つは

色々な年代や価値観の方と接し、

地域で生活することをサポートする訪問看護という仕事だと思います☺

本当に色々な価値観、信念をお持ちですからね皆さま(笑)

それを楽しめるのも

OHANAの経験豊かなスタッフと

相談しながらサポートにあたれるからだと思います☺

頼もしい仲間がいると、色々なことが楽しめるものですね(⌒∇⌒)

これを読んでくださってる看護師・助産師の皆さん、ご一緒にOHANA、いかがですか?(笑)

今年も残りわずか!横浜のクリスマス風景を楽しみながら仕事がんばります!

関連記事

  1. 訪問看護師はじめました!!

  2. 鎌倉で息抜き

  3. 私も鬱るんです!

  4. プラネタリウム

  5. メキシコの死者の日と死生観

  6. ミュージカル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。