具体的な利用例BEST5

医療保険の訪問看護は助成制度を利用できることも多く、自己負担0のこともあります!

  1. NICUに入院していた未熟児 小児科に入院していたこども
    退院後酸素を使ったり、 CV(高カロリー輸液)、人工呼吸器管理、気管切開 注入(胃瘻・胃管)が必要としている
  2. 多胎育児(双子・三つ子)
  3. もともと精神疾患をもっている(うつ病・統合失調症・境界型人格障害・パーソナリティ障害)
    薬の管理や日常生活の管理、自傷他害がないように地域で様子を見てほしい
  4. 3.の方が妊娠 妊娠中は薬を減量するため症状が強くでやすい
    妊娠中の体調管理 メンタル面のサポート(精神の訪問看護は散歩などもできます)
  5. 妊娠したが過去に虐待経験あり うつ病傾向
    周りにサポートする人がいない
  6. 癌や慢性疾患の終末期