介護保険

介護保険

要介護・要支援認定で「非該当」となったときは、医療保険で訪問看護サービスが受けられます。介護の必要性が低く「非該当」と判定されると介護保険から給付を受けることができませんが、主治医の「訪問看護指示書」の交付があれば必要な訪問看護を医療保険で受けることができます。

要介護・要支援認定を受けていても医療保険が適用される場合があります。介護保険で訪問看護を利用している場合でも
1.医師から特別訪問看護指示書が発行された場合(退院直後など)
2.精神科訪問看護指示書が発行された場合
3. 「厚生労働大臣が定める疾病等の利用者」に該当する場合
は医療保険での訪問看護になります。


がん末期(医師が一般的に認められている所見に基づき回復の見込みががない状態に至った判断した場合)関節リウマチ、筋萎縮性、側索硬化症なども含む

介護保険

  1. 介護保険

    介護保険